男ニキビケアに洗顔のしすぎはダメ!

洗顔のしすぎは致命傷!

ニキビの原因の1つが『皮脂』であることは間違いありません。

 

でも、汚れを落とそうするあまり、しつこく洗顔をする人がいます。

 

1日に5,6回も洗顔する人もいるそうです。

 

神経質で完璧主義な人も中にはいるかもしれませんが、ニキビを気にするあまり、洗顔をしすぎたりニキビをつぶしたりと、余計なことをしないようにしましょう。。

 

洗顔のしすぎで皮脂をとりすぎると、大人ニキビに悩んでいる人にとっては致命傷になります。

 

もともと皮脂はお肌に必要なもの!

 

もともと『皮脂』とは、皮膚を潤すために分泌される必要不可欠なものです。

 

人間にとって邪魔で余分なものではありません。

 

皮脂は、お肌を空気のほこりや乾燥、ばい菌から肌守ってくれるバリアのような役割も持っています。

 

洗顔のしすぎで皮脂を取りすぎると、自分で自分のバリアをはがし、肌を丸裸の状態にしているのです。

 

そうなると肌はボロボロになり、ちょっとした刺激で肌が荒れます。

 

さらにお肌が弱っていると、回復力も落ちます。

 

つまり、ニキビができても治りが遅くなるんです。

 

洗顔は朝と夜の2回で十分!

 

洗いすぎていると心あたりがある人は、洗顔の回数を減らしましょう。

 

洗顔は朝・夜の2回で十分です。

 

お肌が弱っていると、洗顔料でさえ刺激が強すぎる場合があります。

 

そして、とにかく肌を潤すようなケアが必要です。

 

男ニキビ洗顔料トップページへ